ブラックだけどお金を借りるには

ブラックでお金借りるには、ブラックに対応した業者である必要があります。
そもそもブラックとは、ブラックリスト入りした人のことを指します。ただしブラックリストというのは俗称であり、実際にそのようなリストは存在しないとされます。一般にブラック入りすることは信用情報機関に事故情報が登録された状態を指します。事故情報とは返済を滞納していることや、債務整理などを行い借入れたお金の減免または免責を受けたことを指します。これらの情報は各業界ごとの信用情報機関に登録されており、ここで問題があればお金を借りることは困難です。特に大手や中堅どころの消費者金融の場合には事故情報が登録されている時点で審査に通ることはできません。
一方で零細の消費者金融の場合にはブラックでもお金を貸してくれるところがあります。ブラックはあくまでも業者が信用力に劣るため融資しないというものであり返済不能になるリスクを避けるためのものです。このため零細の消費者金融の場合には多少信用力が劣っていてもお金を貸してくれます。
このためブラックでもお金を借りるには、零細の消費者金融に頼ることになります。ただしブラックの場合でさらに零細の消費者金融の場合には借入できる金額が極めて限定的です。このため初回は5万円以下がほとんどで、ちゃんと返済することで借入できる額を増やすことができますが、それでも30万円までの借入が限度といえます。また金利も高めに設定されているので注意が必要です。

Category: お金を借りる, 未分類

タグ:

- 2017年2月5日